認知症の周辺症状とは?種類・対応策・原因・治療法を解説

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

認知症には脳の機能の低下によって起こる中核症状の他に、中核症状を原因として2次的に起こる周辺症状がみられます。

周辺症状は多種多様であり、対応に苦心することが多く、介護者の頭を悩ませる症状です。

この記事では周辺症状の種類と対応策・治療法を解説します。認知症の方を介護する際に役立ててみてください。

認知症の周辺症状とは?

中核症状を原因として二次的に起こる症状です。別名「行動心理症状」BPSD(Behavior and Psychological Symptoms of Dementia)と呼ばれます。

周辺症状は、症状の現れ方・程度の個人差が大きいのが特徴です。

認知症の中核症状と周辺症状の違い

中核症状は脳の機能低下によって直接発生します。それに対し、周辺症状は残った脳神経細胞が外界に反応しておこる症状です。

中核症状は大抵の認知症の方にみられますが、周辺症状は個人差があります。

認知症の周辺症状の種類(ガイドラインを中心に解説)

周辺症状はおよそ以下の4つに分類されます。

  • 活動亢進が関係する症状
  • 精神病様症状
  • 感情障害を関係する症状
  • アパシーが関係する症状

活動亢進が関係する症状

物忘れを自覚し、不安・焦りが生じると、イライラして不機嫌となり、以下のような症状を起こします。

暴力・暴言

もどかしさ・不安・いらだちから暴力・暴言をふるったり、人が変わったように暴れたりすることがあります。

イライラ

認知症のために、できないことが増えてイライラします。

徘徊

行く先や時間や場所が分からなくなり、焦ってあちこち当もなく歩き回ります。

介護拒否

介護の意味を理解できないこと、異性に介護されることへの羞恥心などから介護拒否をおこし、介護者をてこずらせる症状です。

精神病様症状

せん妄・幻覚・妄想といった精神病症状を起こします。

せん妄

体調や環境によって見当識障害・幻覚が出現し、イライラ・興奮が強くなります。

幻覚

存在しないものを存在するかのように体験する症状です。幻視・幻聴・幻臭・幻味・幻触がみられます。

盗られ妄想

自分が置き忘れた記憶がないため、「人に盗られた」と取り繕う症状です。違うと説得しても聞き入れられません。

感情障害を関係する症状

不安・うつ状態などの感情障害を起こします。

不安

周囲の状況が理解できず不安感がつのります。

睡眠障害

睡眠時間が短くなり、不眠傾向がみられます。睡眠のサイクルが障害されて昼と夜が逆になるのが「昼夜逆転」です。

帰宅願望

ひんぱんに帰宅を欲求したり、実際に帰宅したりしようとすることがあります。不安や孤独感が原因となることが多いようです。

収集癖

不安を解消するために。多くのものを集める習慣がみられます。また「もったいない性分」で集めたり、ものがあったことを忘れて集めたりすることもあります。

アパシーが関係する症状

自発性・意欲が低下し、情緒の欠如、不活発、興味の低下が現れます。うつ状態との違いに悩むことがありますが、アパシーは本人が自覚していないことで鑑別できます。

認知症の周辺症状の対応策

周辺症状は適切なケアによって改善させられます。周辺症状の改善に伴って介護者に余裕が生まれ、それによって周辺症状が改善するのが特徴です。

逆に周辺症状が悪化すると、対応が困難になり、さらに中核症状が進行していまいます。

暴言・暴力

感情のコントロールができず、過度に攻撃的になる状態です。介護者も感情的になると、さらに事態が悪化します。

介護者は認知症の人の話に傾聴、受容的に接するようにしてください。

どうしても耐えられないときは距離をおくとよいでしょう。時間がたつと、落ちついて話しやすくなることがあるからです。

大声・奇声

認知症の人は自分の気持ちを相手にうまく伝えられないため、イライラして大声をだします。

こういった際には、介護者を変えてみるとか、落ち着ける環境に移動するとかしてみてください。本人の置かれた立場を見直すことも大切です。

性的異常行動

みだらなことを話す、異性の体を触るといった行動がみられることがあります。これは家族からもっと愛されたいという気持ちの表れかもしれません。

介護者は普段から手を握るなどのスキンシップを取り、本人の気持ちを落ち着かせておくとよいでしょう。

性的行為に及んだときは、他のことに気をそらすようにしてください。

認知症の周辺症状の原因

周辺症状は残った脳神経細胞が外界に反応しておこりますが、性格・生活環境・人間関係が影響します。

認知症を起こす病気は以下のとおりです。

原因となる主な病気

  • アルツハイマー病、ピック病、パーキンソン病などの神経変性疾患
  • 脳梗塞などの脳血管障害
  • 脳挫傷などの外傷
  • 脳腫瘍
  • 髄膜炎などの感染症
  • 甲状腺機能低下症などの内分泌性疾患
  • 肝性脳症などの代謝性疾患
  • アルコール脳症などの中毒性疾患
  • その他

認知症の周辺症状の治療

周辺症状は改善できることに注目してください。治療法として、薬物療法と非薬物療法があります。

認知症の周辺症状に効く薬

周辺症状に対して、以下のような薬を使って治療することがあります。

  • 抗精神病薬・抗てんかん薬:興奮などに対して効果あり
  • 抗うつ薬  :抑うつ・意欲低下に対して効果あり
  • 認知症治療薬:アルツハイマー病に対して効果あり
  • 抑肝散   :幻覚・興奮・イライラ・異常行動に対して効果あり

非薬物療法

薬以外に、以下のような治療法があります。

  • ストレスの少ない環境づくり
  • 睡眠覚醒リズムの維持
  • 音楽療法
  • 絵画療法

参照サイト:認知症の周辺症状|健康長寿ネット

まとめ

認知症の周辺症状には、活動亢進が関係する症状、精神病様症状、感情障害を関係する症状、アパシーの低下が関係する症状がみられます。

対応が困難なことも多く、介護者の頭を悩ませますが、薬などの治療を行えば、症状を軽くできますから、まず専門医に相談してみてください。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、磁気刺激によるrTMS療法を先進的に取り組むなど、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。
精神科医をはじめとした医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

TMS治療とは? (医)こころみ採用HP

またメンタルヘルス対策にお悩みの企業様に対して、労務管理にも通じた精神科医による顧問サービスを提供しています。
(株)こころみらいHP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:認知症  投稿日:2023年6月3日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

認知症の方と接する時の心がまえ・話し方・NG行為について

認知症になるとコミュニケーションがとりにくくなります。 相手をする介護者は困ってしまい、ついつい頭ごなしに責めたり、否定したりしてしまいがちです。 そしてなおさらコミュニケーションがとれなくなるかもしれません。 それでは… 続きを読む 認知症の方と接する時の心がまえ・話し方・NG行為について

投稿日:

リバスチグミン(イクセロンパッチ・リバスタッチ)の効果と副作用

アルツハイマー型認知症の治療を行う際に、薬を内服できない場合、イクセロンパッチ・リバスタッチといったフィルム型の張り薬を用いられます。 本記事では、イクセロンパッチとリバスタッチの有効成分、性状、効能・効果、用法・用量、… 続きを読む リバスチグミン(イクセロンパッチ・リバスタッチ)の効果と副作用

投稿日:

認知症の末期に関連した老衰死の前兆はどのようなもの?

認知症の人を介護している方から、「認知症の人の最期はどうなるのですか?」と聞かれることがあります。 認知機能は低下しても体は元気なため、最期はどうなるのか想像できないのでしょう。 しかし、認知症の方もいつか必ず最期を迎え… 続きを読む 認知症の末期に関連した老衰死の前兆はどのようなもの?

投稿日:

人気記事

デエビゴ(レンボレキサント)の効果と副作用

デエビゴ(レンボレキサント)とは? デエビゴ(一般名:レンボレキサント)は、オレキシン受容体拮抗薬に分類される新しい睡眠薬になります。 覚醒の維持に重要な物質であるオレキシンの働きをブロックすることで、睡眠状態を促すお薬… 続きを読む デエビゴ(レンボレキサント)の効果と副作用

投稿日:

睡眠薬(睡眠導入剤)の効果と副作用

睡眠薬(精神導入剤)とは? こころの病気では、睡眠が不安定になってしまうことは非常に多いです。 睡眠が十分にとれないと心身の疲労が回復せず、集中力低下や自律神経症状などにつながってしまいます。ですから睡眠を整えることは、… 続きを読む 睡眠薬(睡眠導入剤)の効果と副作用

投稿日:

抗不安薬(精神安定剤)の効果と作用時間の比較

過度な不安が辛いときに有効な『抗不安薬』 不安は非常に辛い症状です。心身へのストレスも強く、身体の自律神経のバランスも崩れてしまいます。 抗不安薬(精神安定剤)は、耐えがたい不安で苦しんでいる方には非常に有用なお薬です。… 続きを読む 抗不安薬(精神安定剤)の効果と作用時間の比較

投稿日: