セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)とは?セントジョーンズワートの効果と副作用を解説

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

セントジョーンズワートの効果と副作用について、精神科医が詳しく解説していきます。

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)の効果や副作用について、知りたい方は多いのではないでしょうか?

セントジョーンズワートとは、ヨーロッパでうつ病の治療に使われてきた、黄色い花を咲かせる薬用植物です。日本ではサプリメントとして市販されていますが、その使用には注意が必要です。

この記事では、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)の効果と副作用について、詳しく解説します。

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)とは?

セントジョーンズワートは、黄色の花を咲かせる根茎性の多年草ハーブで、日本では西洋弟切草(セイヨウオトギリソウ)と呼ばれています。

セントジョーンズという名前は、新約聖書に登場するイエスの使徒「聖ヨハネ」の誕生日(6月24日)頃に花が咲くことから「聖ヨハネ(英名セント・ジョン)」を意味しています。

セントジョーンズワートの薬効成分は様々な不調や病気に効果があるといわれ、欧州では外用として切り傷、火傷内服としては不眠症、更年期症状、うつ症状に重宝されてきました。

和名の西洋弟切草(セイヨウオトギリソウ)の由来は、この草が原料の秘薬の秘密を弟が漏らしたので兄が怒って斬り殺したという伝説からきています。

セントジョーンズワートにはどんな効果があるの?

セントジョーンズワートは、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAO阻害薬)として働きます。

モノアミン酸化酵素は、不要になったモノアミン(セロトニンやノルアドレナリン、ドパミンなど)を分解しますが、その働きを邪魔するお薬になります。

MAO-AとMAO-Bに分けることができ、Aがセロトニンとノルアドレナリンを、Bがドパミンに働きます。

抗うつ剤と似た働きをしていますし、MAO-Bだけを阻害薬するお薬は、ドパミン減少が原因となるパーキンソン病の治療薬としても使われています。

セントジョーンズワートはMAO-AとMAO-Bの弱活性の阻害物質で、セロトニン、ドーパミン、ノルエピネフリンの取り込みをほぼ等しい親和性で阻害します。

セントジョーンズワートはうつ病効果あり

このような作用メカニズムになりますが、実際の効果はどれくらい期待できるのでしょうか。

研究報告からご紹介します。

セントジョーンズワートはうつ病に効果があります。

セントジョーンズワートは抗うつ剤のSSRIと同じくらいうつ病へ効果があり、同じくらい安全だと報告されています。

あくまで軽度~中等度のうつ病患者さんに対しての効果で、4~12週での検証になります。

このため、数か月以上の長期間服用した場合、重度のうつ病患者が服用した場合、自殺傾向の高い患者や自殺リスクの高い患者が服用した場合に有効性があるかどうかは、この研究からはわかりません。

Clinical use of Hypericum perforatum (St John’s wort) in depression: A meta-analysis

セントジョーンズワートの創傷治癒への効果はエビデンス不十分

エッセンシャルオイルは、傷の治癒と傷跡の縮小に効果があると報告されています。しかし研究自体の数が少なく、医薬品として使用するのに十分な証拠があるとは言えません

Effects of Essential Oils on Scars and Wound Healing: A Systematic Review

更年期の症状やその他の身体症状症についても同じようなことが言われています。

セントジョーンズワートの副作用って何?

セントジョーンズワートの副作用って何なのでしょうか。ここでは、研究報告から説明します。

セントジョーンズワートを大量に摂取した場合は日光過敏症に注意!

セントジョーンズワートを大量に摂取した場合日光過敏症に注意しましょう。セントジョーンズワートに含まれるヒペリシンが光感受性を高めるためです。

日光過敏症とは、身体の日差しが当たった部分を中心に、皮膚が赤くなったり、腫れたり、小さいブツブツや水ぶくれができたりして、ひどいかゆみを生じるものです。

厚生労働省『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』

セントジョーンズワートのその他の副作用

抗うつ薬と比べてセントジョーンズワートは治療効果に差がなく、有害事象は少なかったとの報告があります。したがって、一般的にセントジョーンズワートの副作用は少ないと言えます。

A systematic review of St. John’s wort for major depressive disorder

まれに生じる副作用として報告されているのは、不眠、不安、口渇(ドライマウス)、めまい、胃腸症状、倦怠感、頭痛、性機能不全などです。

St. John’s Wort and Depression: In Depth

セントジョーンズワートは多くの医薬品と薬物相互作用を起こす

セントジョーンズワートは、ほかの医薬品と一緒に服用すると医薬品の効果を変化させてしまう可能性があります。

効果を強めてしまうために併用を避けることとされているのが、

  • 抗うつ剤
  • トリプタン系片頭痛治療薬

になります。セロトニンが一気に高まって、セロトニン症候群を引き起こすリスクがあります。

またセントジョーンズワートはCYP3A4やCYP2c19、P糖タンパクなどを誘導するため、一緒に服用すると代謝がすすんでしまい、作用が弱まる可能性のある医薬品があります。

  • 経口避妊薬(避妊用ピル)
  • 免疫抑制剤
  • 一部の心臓病治療薬(ジゴキシン)
  • 一部のHIV感染症治療薬(プロテアーゼ阻害薬)
  • 一部の抗がん剤(イマチニブなど)
  • ワルファリンおよび似たような抗凝血剤
  • 一部の高脂血症薬剤

すでに心療内科や神経科に通っていて、向精神薬を服用している場合には、併用を避ける必要があります。

また、自分が服用している医薬品が上記のものに該当するかどうかわからない時は、医師、薬剤師にご相談ください。

まとめ

セントジョーンズワースの効果と副作用について、説明してきました。

セントジョーンズワートは、副作用も少なく、重症ではないうつ病に効果がある有用な薬用植物ですが、他に病気があり、服用している医薬品がある場合は要注意です。

特に、すでにうつ病と診断されていて、神経系に作用する医薬品を服用している場合は、併用は避けなければなりません。

また、うつ病に効果があると言っても、現在使われている医薬品のように、十分に検討されているわけではないので、使用する場合には十分に注意する必要があります。

セントジョーンズワートを使用する際に不安や心配がある場合は、服用する方の健康状態を十分に知っている医師、薬剤師に相談することをおすすめします。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、磁気刺激によるrTMS療法を先進的に取り組むなど、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。
精神科医をはじめとした医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

TMS治療とは? (医)こころみ採用HP

またメンタルヘルス対策にお悩みの企業様に対して、労務管理にも通じた精神科医による顧問サービスを提供しています。
(株)こころみらいHP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

画像名の[sample]の部分に記事の名前を入れます

執筆者紹介

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長/株式会社こころみらい代表医師

日本精神神経学会

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医/日本精神神経学会rTMS実施者講習会修了

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2023年6月15日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

認知症の方と接する時の心がまえ・話し方・NG行為について

認知症になるとコミュニケーションがとりにくくなります。 相手をする介護者は困ってしまい、ついつい頭ごなしに責めたり、否定したりしてしまいがちです。 そしてなおさらコミュニケーションがとれなくなるかもしれません。 それでは… 続きを読む 認知症の方と接する時の心がまえ・話し方・NG行為について

投稿日:

リバスチグミン(イクセロンパッチ・リバスタッチ)の効果と副作用

アルツハイマー型認知症の治療を行う際に、薬を内服できない場合、イクセロンパッチ・リバスタッチといったフィルム型の張り薬を用いられます。 本記事では、イクセロンパッチとリバスタッチの有効成分、性状、効能・効果、用法・用量、… 続きを読む リバスチグミン(イクセロンパッチ・リバスタッチ)の効果と副作用

投稿日:

認知症の末期に関連した老衰死の前兆はどのようなもの?

認知症の人を介護している方から、「認知症の人の最期はどうなるのですか?」と聞かれることがあります。 認知機能は低下しても体は元気なため、最期はどうなるのか想像できないのでしょう。 しかし、認知症の方もいつか必ず最期を迎え… 続きを読む 認知症の末期に関連した老衰死の前兆はどのようなもの?

投稿日:

人気記事

デエビゴ(レンボレキサント)の効果と副作用

デエビゴ(レンボレキサント)とは? デエビゴ(一般名:レンボレキサント)は、オレキシン受容体拮抗薬に分類される新しい睡眠薬になります。 覚醒の維持に重要な物質であるオレキシンの働きをブロックすることで、睡眠状態を促すお薬… 続きを読む デエビゴ(レンボレキサント)の効果と副作用

投稿日:

睡眠薬(睡眠導入剤)の効果と副作用

睡眠薬(精神導入剤)とは? こころの病気では、睡眠が不安定になってしまうことは非常に多いです。 睡眠が十分にとれないと心身の疲労が回復せず、集中力低下や自律神経症状などにつながってしまいます。ですから睡眠を整えることは、… 続きを読む 睡眠薬(睡眠導入剤)の効果と副作用

投稿日:

抗不安薬(精神安定剤)の効果と作用時間の比較

過度な不安が辛いときに有効な『抗不安薬』 不安は非常に辛い症状です。心身へのストレスも強く、身体の自律神経のバランスも崩れてしまいます。 抗不安薬(精神安定剤)は、耐えがたい不安で苦しんでいる方には非常に有用なお薬です。… 続きを読む 抗不安薬(精神安定剤)の効果と作用時間の比較

投稿日: