リワークに必要な費用は?負担を軽減できる制度についても解説

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

リワークの費用について、精神科医が詳しく解説していきます。

メンタル不調から休職する人が増える中、近年ではリワーク支援を行う施設が増えてきました。

いざ、リワークを受けようと思っても、施設によって費用がどのくらい違うのか、分からない人も多いのではないでしょうか。

本記事では、リワークにかかる費用について、以下の4つの施設ごとに解説します。

リワークにかかる費用とは?

リワークは、大きく分けて以下の4つのタイプがあります。

  • 医療機関(精神科デイケア)
  • 就労移行支援事業所
  • 障害者職業センター
  • 企業内リワーク

費用を見比べて、自分に合わせたリワーク施設を選びましょう。

医療機関(精神科デイケア)

リワークを行う施設として代表的なのが精神科や心療内科などの医療機関です。

医療機関では、精神科デイケアの一形態としてリワークが実施され、治療を主な目的として病状の安定を図ります。

保険診療内で原則3割負担

医療機関で実施されるリワークは、保険診療の範囲内で提供されるため、原則3割負担となります。

その負担は施設の規模や時間帯によっても異なります。

3割負担の場合、1日で2,000~3,000円の利用料であるケースが多いようです。

そのため、20日通所すると1か月5万円程度もかかり、休職中の状態では負担が大きいといえます。

自立支援医療制度で負担額の軽減が受けられる

3割負担だと、経済的な負担が大きいと感じる人も多いでしょう。

自立支援医療制度を利用すれば、1割負担にまで軽減でき、リワークを受けやすくなります。

1割負担にすると500~600円程度のことが多く、お昼ご飯は必ずリワークで提供されるので、お昼代と考えれば負担が軽くなります。

自立支援医療制度とは、治療のため通院を継続する必要がある人のための医療制度で、リワーク対象の方は申請が却下されることはありません。

自己負担が1割に軽減されることに加え、ひと月ごとの負担上限額が決められており、上限額以上の費用はかかりません。

自己負担額は以下のように世帯年収と病状によって決定されます。

リワークを利用するにあたっては、自立支援医療制度を活用して費用を1割に抑えることが一般的です。

交通費の助成が受けられる自治体もある

リワークに通う日数が多いほど、必要な交通費も多くなります。

自治体によっては、医療機関までの交通費を助成していることもあるため、活用すれば負担を軽減できます。

「施設通所にかかる交通費助成」などの名称でサービスが設けられていることがあるので、お住まいの自治体で確認してみるとよいでしょう。

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は、働くことを希望する障害を持つ人に向けた就労準備をサポートする福祉施設です。

転職支援を行っていることが多く、復職以外の選択肢にも強いことが特徴だといえます。

利用には自治体が発行する受給者証が必要です。

受給者証の発行のためには、障害者手帳や自立支援医療証、診断書など、精神障害を有することの証明を要します。

そのため、どこかの医療機関にかかり、診断を受ける必要があります。

前年度の収入に応じて利用料が決められる

就労移行支援事業所でのリワークは、福祉サービスの枠組みで提供されているため、原則1割負担で利用できます。

しかし、施設利用料は以下のように、世帯年収に応じて決定されます。

前年度の収入によっては利用料が発生する場合があるため、注意が必要です。

就労移行支援事業では、リワーク利用にあたり、前年度の年収で費用があがることがあります。

交通費や食事代の助成を受けられる場合がある

医療機関と同様に、自治体によっては、リワーク通所にかかる交通費を助成してもらえます。

また、就労移行支援事業所によっては、交通費に加えて食事代を出してもらえる施設もあります。

休職中の経済的負担を少しでも軽減できるでしょう。

障害者職業センター

障害者職業センターは、就職や職場復帰を目指す労働者に向けて、関係機関と連携しながらサポートする機関です。

障害者職業センターにおいても、「職リハリワーク」と呼ばれるリワークプログラムが提供されています。

「職リハワーク」は、公務員以外は無料で利用できます。

ただし、各都道府県に1~2か所しか設置されていないため場所が限定され、利用するまでに時間がかかる場合があり、注意が必要です。

企業内リワーク

企業内リワークとは、企業が独自に行うリワークプログラムです。

慣らし出勤や通勤の訓練など、リハビリ的な側面だけでなく、復職可能かどうかの判断にも活用されます。

企業内リワークは休職中(傷病手当金扱い)として扱われるため、費用はかからず、負担が少ないです。

提供されているのは一部の大企業に限られていますが、中小企業でも職場でのリハビリ出社のみ実施しているところはありますので、自分の会社に社内リワーク制度があるかどうか確認してみましょう。

リワークにかかる費用を理解して安心して復職に臨みましょう

リワークに臨むにあたって、費用面について安心して取り組んでいただけるように精神科医が解説します。

リワークの利用には、費用がかかってしまう場合があり、休職なかには可能な限り出費は抑えたいものです。

自立支援医療制度や自治体の交通費負担など、リワークに関連する制度について理解しておくと、安心して復職の準備に取り組めるでしょう。

今回紹介した4つのリワーク機関の費用と特徴を理解し、現在の状況に合った施設を選びましょう。

当法人でも、武蔵小杉こころみクリニックに併設する形で大規模リワーク施設「こころみベース(COCOROMI BASE)」を運営しています。

東京方面からもアクセス良好ですので、よろしければご検討ください。

こころみベース(COCOROMI BASE)

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

画像名の[sample]の部分に記事の名前を入れます

執筆者紹介

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長/株式会社こころみらい代表医師

日本精神神経学会

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医/日本精神神経学会rTMS実施者講習会修了

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2023年1月28日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

うつ病で寝れない理由を解説!今日からできる対処法も紹介します

「寝れない日が続く」「寝ても疲れがとれない」このような症状で困ってませんか? これはうつ病による不眠症かもしれません。寝れない日が続くと、体調が悪くなり日常生活に支障をきたす可能性があります。 そこで本記事では、うつ病で… 続きを読む うつ病で寝れない理由を解説!今日からできる対処法も紹介します

投稿日:

悲哀のプロセスとは?対人関係療法で扱う喪失体験への対応

大切な人を失う体験は、人生の中でも大きなストレスイベントであるとされています。 喪失体験を乗り越えていく過程では、行き場のない感情や身体症状など多様な反応が起こります。 人生における危機の一つといえますが、時間の経過とと… 続きを読む 悲哀のプロセスとは?対人関係療法で扱う喪失体験への対応

投稿日:

認知症にならないために注意すべきポイント

この記事では、認知症にならないために、食生活、運動、社会活動、ストレス発散、質の良い睡眠、聴力低下の対策、レクリエーションにおいて注意すべきポイントを解説します。 認知症にならないために注意すべきポイントになります。 認… 続きを読む 認知症にならないために注意すべきポイント

投稿日:

人気記事

デエビゴ(レンボレキサント)の効果と副作用

デエビゴ(レンボレキサント)とは? デエビゴ(一般名:レンボレキサント)は、オレキシン受容体拮抗薬に分類される新しい睡眠薬になります。 覚醒の維持に重要な物質であるオレキシンの働きをブロックすることで、睡眠状態を促すお薬… 続きを読む デエビゴ(レンボレキサント)の効果と副作用

投稿日:

睡眠薬(睡眠導入剤)の効果と副作用

睡眠薬(精神導入剤)とは? こころの病気では、睡眠が不安定になってしまうことは非常に多いです。 睡眠が十分にとれないと心身の疲労が回復せず、集中力低下や自律神経症状などにつながってしまいます。ですから睡眠を整えることは、… 続きを読む 睡眠薬(睡眠導入剤)の効果と副作用

投稿日:

抗不安薬(精神安定剤)の効果と作用時間の比較

過度な不安が辛いときに有効な『抗不安薬』 不安は非常に辛い症状です。心身へのストレスも強く、身体の自律神経のバランスも崩れてしまいます。 抗不安薬(精神安定剤)は、耐えがたい不安で苦しんでいる方には非常に有用なお薬です。… 続きを読む 抗不安薬(精神安定剤)の効果と作用時間の比較

投稿日: