こころの薬

塩酸ドネペジル(アリセプト)の効果と副作用

認知症には治療ができないというイメージをもたれることもありますが、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症には有効な治療薬があります。 とりわけアリセプト(一般名:塩酸ドネペジル)は、軽度から高度までのアルツハイマー型… 続きを読む 塩酸ドネペジル(アリセプト)の効果と副作用

続きを読む

投稿日:

エーザイの認知症新薬「レカネマブ」(レケンビ)が厚生労働省から正式承認を取得

2023年8月21日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第1部会は、エーザイ株式会社とバイオジェン・インクが共同開発したアルツハイマー病の治療薬「レケンビ点滴静注」(一般名:レカネマブ)の製造販売を了承しました。 レ… 続きを読む エーザイの認知症新薬「レカネマブ」(レケンビ)が厚生労働省から正式承認を取得

続きを読む

投稿日:

ブロチゾラム(レンドルミン)の効果と副作用

ブロチゾラム(レンドルミン)とは? ブロチゾラム(商品名:レンドルミン)は、短時間型ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬になります。 ブロチゾラムは寝つきが悪い方から目が覚めやすい方まで、広く処方されている睡眠薬になりま… 続きを読む ブロチゾラム(レンドルミン)の効果と副作用

続きを読む

投稿日:

抗うつ剤の吐き気・下痢と5つの対策

SSRIやSNRIの飲み始めにおこりやすい副作用 抗うつ剤を飲み始めると、胃がムカムカしたり、お腹の調子が悪くなったりすることがあります。 一時的にセロトニンが胃腸に働いて刺激するために生じる副作用で、セロトニンを増やす… 続きを読む 抗うつ剤の吐き気・下痢と5つの対策

続きを読む

投稿日:

ワイパックス(ロラゼパム)の効果と副作用

ロラゼパム(ワイパックス)とは? ロラゼパム(商品名:ワイパックス)は、1978年に発売されたベンゾジアゼピン系に分類される抗不安薬になります。 不安感や緊張感を和らげる効果が期待できるため、安定剤と呼ばれることもありま… 続きを読む ワイパックス(ロラゼパム)の効果と副作用

続きを読む

投稿日:

ワイパックスの舌下投与は効果的?

ワイパックスの舌下投与って? ほとんどのお薬は、水で服用するのが一般的です。 ワイパックスも同様で、水で服用する錠剤として発売されています。 ですがワイパックスは、舌下投与という飲み方をすることがあります。 噛み砕いてし… 続きを読む ワイパックスの舌下投与は効果的?

続きを読む

投稿日:

抗不安薬(精神安定剤)の効果と副作用

抗不安薬(精神安定剤)とは? こころの治療では、抗不安薬は即効性の期待できるリラックスできるお薬として、よく使われています。 世間的には、精神安定剤という方が一般的でしょうか。 現在使われている抗不安薬は、そのほとんどが… 続きを読む 抗不安薬(精神安定剤)の効果と副作用

続きを読む

投稿日:

抗不安薬(精神安定剤)の妊娠への影響とは?

抗不安薬(精神安定薬)の妊娠への影響が気になる方へ 「お薬を飲んでいるときに妊娠したら?」「赤ちゃんへの影響は?」 女性の方は、お薬の妊娠への影響がご心配かと思います。 抗不安薬(精神安定剤)で治療中のときに予想外の妊娠… 続きを読む 抗不安薬(精神安定剤)の妊娠への影響とは?

続きを読む

投稿日:

抗不安薬(精神安定剤)の効果と作用時間の比較

過度な不安が辛いときに有効な『抗不安薬』 不安は非常に辛い症状です。心身へのストレスも強く、身体の自律神経のバランスも崩れてしまいます。 抗不安薬(精神安定剤)は、耐えがたい不安で苦しんでいる方には非常に有用なお薬です。… 続きを読む 抗不安薬(精神安定剤)の効果と作用時間の比較

続きを読む

投稿日:

ベンゾジアゼピン系抗不安薬のメリット・デメリット

抗不安薬の大部分を占めるベンゾジアゼピン系 抗不安薬は、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。 現在、日本で使われている抗不安薬はほとんどすべてが『ベンゾジアゼピン系』という系統です。 ベンゾジアゼピン系のお薬は、即効… 続きを読む ベンゾジアゼピン系抗不安薬のメリット・デメリット

続きを読む

投稿日:

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE